Saleae社のロジックアナライザソフト

Saleae社のロジックアナライザソフトだが、
「海賊版ハードウェアには使用禁止」と明記されています。
http://www.saleae.com/counterfeit/

これは、弊社で販売していた24MHzの8チャンネルのUSBロジックアナライザにも
Saleae社のロジックアナライザソフトを使用出来ないことになります。
Saleae社のアナウンスによると将来的には
「海賊版ハードウェアでは使えないような対策を施す」とあります。

Saleae社のロジックアナライザソフトに替わるソフトですが
オープンソースロジックアナライザーソフト sigrokプロジェクトがオープンソースの「logic analyzers」用のソフトを配布していますので
現状ではこのソフトを使うのが手っ取り早いかと思われます。

プロトコルアナサイザーとしての機能はテストしていませんが
ロジックアナライザとしては動作するのを確認しました。

以下、ソフトのダウンロードからインストールまでの簡単な解説です。

1.ソフトウェアーダウンロード
http://sigrok.org/wiki/
sigrok_1
ページの左側のメニューの 「Downloads」 をクリック

http://sigrok.org/wiki/Downloads
sigrok_2
画面中央付近の「pulseview-NIGHTLY-installer.exe」をクリックするとダウンロードが始まります。
また、「Windows」をクリックすると次の画面に推移します。

http://sigrok.org/wiki/Windows#Windows_installers
sigrok_3
Windows installersの少し下の
「pulseview-NIGHTLY-installer.exe」をクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードした「pulseview-NIGHTLY-installer.exe」を実行すると
インストールが始まります。
何も考えずに「NEXT」を押します。
以下のように画面が推移してインストールが終了します。

sigrok_4
sigrok_5
sigrok_6
sigrok_7
sigrok_8
sigrok_9

2.プログラムの起動と動作確認
プログラムインストールが終了すると、
インストールしたフォルダーの中が以下のようになっているはずです。
sigrok_10

「pulseview.exe」が実行プログラムです。
ショートカットをディスクトップに作成すると
次のアイコンがディスクトップに現れます。
ICON

プログラムを起動すると以下の画面になります。
この時点ではまだロジックアナライザーを接続していないので
Connect to Device… のところに 「Demo device」しか表示されません。
sigrok_11

ここで「Run」を押すと以下のようなデモが表示されます。
sigrok_12

一度プログラムを終了して、ロジックアナライザーを接続して
サイドプログラムを起動すると
今度は Connect to Device… のところに 「Saleae Logic」が表示されるので
こちらを選択します。
sigrok_13
画面が 以下のような デジタルのみの 8ch表示になります。
sigrok_14

ここで「Run」ボタンを押すとデータの取り込みを始めます。

以下の画面は Arduino のLチカの点滅速度を速めて、
CH0でサンプリングした結果です。
sigrok_15

sigrok_16