Bluetoothモジュール HC-06のボーレート変更

HC-06のボーレートはディフォルトでは9600bpsとなっています。
当然ボーレートは変更出来るのですが、ATコマンドをシリアル通信で送る手順をとらないといけません。
(以下のATコマンドでの設定ははペアリングしていない時にしか動作しません。)

HC-06とUSB-シリアル変換器を接続します。
USB-シリアル変換器は信号線が3.3Vタイプであれば基本大丈夫のはずです。

HC-06のTXDとUSB-シリアル変換器のRXD
HC-06のRXDとUSB-シリアル変換器のTXD
HC-06のGNDとUSB-シリアル変換器のGND
を接続します。
USB-シリアル変換器が電源を供給出来るタイプであればHC-06の電源はそれを使ってください。
電源が供給できない場合は別途HC-06に電源を供給してください。

接続が完了したら TeraTermなどのターミナルソフトを使用して
HC-06のボーレート変更を行います。

ターミナルソフトを
ボーレート : 9600bps
スタートビット : 1
バリティ : なし
ストップビット : 1
エコーバック : あり
に設定します。

まず試しに
ATとキーボードから入力してください。(ENTER キーは押さないで下さい。)
OKと表示されたらHC-06とUSB-シリアル変換器は正常に接続されています。

AT+BAUD8 と入力するとHC-06のボーレートが 115200bps に変更されます。

実際に反映されるのは HC-06の電源を入れ直した時です。

ボーレート変更のコマンドに関してはこちらのページを参考にしてください。

ボーレート以外に
ディバイス名とかも同じように変更できます。

ブレッドボード用 電源モジュール

ブレッドボード用 電源モジュール

ブレッドボードに手軽に電源を供給出来るモジュールです。

電源入力はセンタープラスのDCアダプター 6V~12V
(2.1mm(内径)5.5mm(外径)φDCジャック)
またはUSBバスパワーが使えます。

ブレッドボードの左右の電源ラインに5Vまたは3.3Vを独立して供給できます。

ちょっと残念なのはUSBコネクタが(Aタイプ メス)になっているところでしょうか。
せめてミニBかマイクロBにして欲しかったと思います。
Aタイプ オス⇔オスのUSBケーブルって売っているのを見かけたことが無いので。
(このUSBコネクタは電源供給用ではなく、電源出力用だと思われます。)

MB102 Breadboard Specification

Locking ON / OFF Switch
LED Power Indicator
Input Voltage: 6.5 V to 12 V (DC)
Output Voltage: 3.3 V / 5 V
Maximum Output Current: 700 mA
Power Rails 0 V, 3.3 V, 5 V on Breadboard
Two Groups of Header Pins
Size: 5.3 cm × 3.5 cm

YwRobot_Breadboard_Power_Supply Breadboard_Power_Supply_YwRobot_PCBHow_to_Use_a_Breadboard_Power_Supply YwRobot_Breadboard_Power_Supply_Circuit_Diagram