Arduinoの商標問題 やらかしてしまった。

Arduino UNO 互換ボードを中国のモールから仕入れて
アマゾンに出品していたのですが

名称の制限
ハードウェア設計もソフトウェアもコピーレフトライセンスで提供されているが、開発者は “Arduino” という名称が商標の普通名称化となることを避けたいと考えており、許諾無く派生製品に使うことを禁じている。Arduino という名称の使用に関する公式方針文書では、プロジェクトが第三者による作業結果を公式な製品に組み入れることについてオープンであることを強調している[11]。
wikipedia より引用。

Arduinoという文字が基板に印刷されているとダメらしいです(泣)。

よって販売できない UNO が20枚ほど。
仕方ないので、UNO用のシールドを売るときにサービス品として付けようかと思っています。

ただ、アマゾンでの購入者から
「コピー商品が本物と同じ価格で売られていました。極めて悪質だと思います。」と悪い評価を頂いた時は、
正規品を1800円で売っているところを教えてくれ、それを仕入れて正規品価格で売るから。と思わずツッコミたくなりました。
そっちの方が利益大きいですから、でも正規品が1800円て売っているわけ無いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA